その他

脳卒中におけるレベル別住環境整備について

脳卒中の住環境整備

はじめに

こんにちは、訪問リハビリテーション業務を10年間おこなっているcascade (@cascade1510 です!

 

私はこれまでに、主に地域でのリハビリテーションに関するテーマで記事を書いてきています。

介護予防について -リハビリ専門職として何ができるか-こんにちは、cascade (@cascade1510 )です! 私のほうではこれまで地域包括ケアシステムの中でのリハビリテーショ...
訪問リハビリは効果があるのか⁈〜論文ベースのガイドラインや国の調査から読み解く〜訪問リハビリテーションは実際のところ効果・エビデンスがあるのか知りたいですか?本記事では、論文ベースのガイドラインや国の調査から訪問リハビリって効果があるのか⁈といったことについて丁寧に解説しています。そして、実際に臨床に携わる私たちはこれをどのように利用していくかをお伝えしています。地域リハに携わる方は必見です。...

 

前回はYouTubeによる動画にて、生活環境について解説していきました。

https://youtu.be/lVokFkLp5Z4

その人と家族の周りにある人やモノ、施設や移動手段などすべてが生活環境となっている、という話でした。

 

その生活環境を良くするためには、「住環境整備」という観点が必要となります。

この住環境整備については理学療法士や作業療法士などのセラピストとして、訪問リハビリテーションなどの地域に関わっている人はもちろんのこと、病院やクリニックでのリハビリテーションにおいても退院後の生活など、切っても切り離せないものです。

 

対象者の住環境整備を検討するためには、まずその対象者について知らなければいけません。

そしてその対象者自身の疾患によっても住環境整備の視点が異なってきます。

 

そこで今回から、各疾患別における住環境整備についてそのポイントについて説明していきたいと思います。

まず初めに今回は、脳血管障害(脳卒中)についての大事な視点について移動動作のレベル別に分けてまとめましたので参考にしていただけたら幸いです。

 

脳血管障害(脳卒中)の住環境整備とは?

脳血管障害(脳卒中)には、脳出血、クモ膜下出血、脳梗塞がありますが、脳血管障害の7~8割を占めるのは脳梗塞となっています。

近年は、脳血管障害による死亡率は低下しているものの、依然として死亡原因の上位には入っていますし、厚生労働省の平成28年のデータ(図)では要介護の原因として認知症に次いで2番目に多い状況となっています。

要介護の原因(厚生労働省より)

脳血管障害では本人の移動レベルとともに、片麻痺の状況や麻痺の症状に合わせた住環境整備が必要となります。

 

それでは、各レベル別にみていきたいと思います。

 

屋外歩行レベル

この屋外歩行レベルは、杖や下肢装具など使用しているかどうかに関わらず屋外を独りで歩行可能なレベルを指します。

このレベルでは、基本的に身の周りの基本動作がおおむね自立しているものの、両手を使用するようなADLもしくはIADLなどの生活動作に不便を感じたりすることがあります。

 

ここでの住環境整備としては、麻痺側の上肢や手指を補ったり、片手で代償できる環境をつくることがあげられます。

また、ADLの中では入浴動作での浴槽のまたぎ動作や、トイレでの立ち上がり動作などに不安定さがあることも多いので、手すりの設置安定した家具の設置などにより動作を安定させ転倒を防ぐ配慮も必要です。

 

屋内歩行レベル

屋内歩行レベルは、杖、つたい、介助歩行で屋内を移動できるが、買い物や通院などでは車椅子を必要とするレベルを指します。

このレベルでは、食事や整容動作は自立しているが、起居動作や歩行・段差昇降に介助を要することもあります。

生活における住環境整備としては、まず手すりなど移動を安全にするための整備を行います。そのうえでできるだけ玄関と同じ階で生活できるようにしたり、布団で寝ていたものをベッドに変えたりするなど、和式生活から洋式生活への転換も考慮に入れる必要があります。

 

車椅子レベル

車椅子レベル屋内でも屋外でも車椅子を使用しているレベルを指します。

このレベルでは、下肢や体幹の麻痺が重いことにより車椅子を使用せざるを得ないことも多いかと思われます。

日常生活では、立位保持や立ち上がり動作が困難であり、車椅子への移乗動作も介助が必要になったりします。

また車椅子を使用して移動や方向転換できる動線を確保するために廊下の幅を広げたり場合によっては手すりを無くすなどの住宅改修を行ったりすることも考えます。

そしてこの車椅子レベルでは、電動ベッドなどの特殊寝台や以上の際の介助量軽減のためのリフトの導入を考慮することもあります。

なお、入浴動作について、浴槽をまたぐことが難しいことが多いので、主にシャワー浴となることが多いですが、浴槽でのリフトの使用や介助によりお風呂に入ることも可能になるので、本人や家族の意志と相談しながら決定していくことがよいかと思われます。

 

寝たきりレベル

寝たきりレベル日常生活のほとんどを介助により行われるレベルで、多岐にわたっての住環境整備が必要となります。

寝返りや起き上がり動作にも介助を要するため、スライディングシート体位変換器などの福祉用具や福祉機器などにより介助量の軽減を図ります。

ADLでは食事動作にも介助が必要であることが多く、自宅では訪問介護サービスなどもうまく利用してなるべく介護する人の身体的・精神的負担を減らしていくよう検討する必要もあります。

この寝たきりレベルにおいては、通所や入院などで外出する場合に備えて移動手段も大いに検討する必要があります。

車椅子で移動する場合は、移乗動作での介助量の確認、車椅子での座位姿勢が安定に安楽にとれるかの評価をおこなうことも必要で、図のようにクッションによるポジショニングなどで姿勢の安定を図ることもあります。

そして場合によっては玄関の段差に対する段差解消機スロープなど設置する必要もあります。

 

おわりに

今回は脳血管障害における住環境整備についてまとめました。

各疾患別にそれぞれ必要なことはありますし、それぞれの移動レベルに応じた対策をとっていくことはとても重要だということを伝えたつもりではあります。

しかしそれより大事なことは、その人その人の個別性にあった症状や性格、家族の意向などを総合して考えていくことであり、そこに関わる多職種が一つの目標に向かって一丸となって進んでいくことだと思っています。

 

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
cascade
cascade
2020年4月大学教員へ/Physical Therapist /Ph.D in rehabilitation/ 大阪大学理学部高分子科学→修士(M.S.)→Teijin Limited研究職→大学リハ学科→博士/介護予防/訪問リハ/研究や国試の勉強などを発信 理学療法士として何ができるか、理学療法士の枠にこだわらずに何ができるか、ワクワクするような新たな可能性を追い求めていきましょう!
CLINICIANS公式コンテンツも要チェック!

 

充実の“note”で飛躍的に臨床技術をアップ

CLINICIANSの公式noteでは、ブログの何倍もさらに有用な情報を提供しています。“今すぐ臨床で活用できる知識と技術”はこちらでご覧ください!

≫ noteを見てみる

 

 

実践!ゼロから学べる腰痛治療マガジン

腰痛治療が苦手なセラピストは非常に多く、以前のTwitterアンケート(回答数約350名)では8割以上の方が困っている、35%はその場しのぎの治療を行っているということでしたが、本コンテンツはそんな問題を解決すべく、CLINICIANSの中でも腰痛治療が得意なセラピスト(理学療法士)4名が腰痛に特化した機能解剖・評価・治療・EBMなどを実践に生きる知識・技術を提供してくれる月額マガジンです。病院で遭遇する整形疾患は勿論、女性特有の腰痛からアスリートまで、様々な腰痛治療に対応できる内容!臨床を噛み砕いてゼロから教えてくれるちょーおすすめコンテンツであり、腰痛治療が苦手なセラピストもそうでない方も必見です!

マガジン詳細をみてみる

 

実践!ゼロから学べる足マガジン

本コンテンツでは、ベテランの足の専門セラピスト(理学療法士)6名が足に特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術を提供してくれる月額マガジンです。病院で遭遇する足の疾患は勿論、小児からアスリートまで幅広い足の臨床、エコー知見などから足を噛み砕いてゼロから教えてくれるちょーおすすめコンテンツであり、足が苦手なセラピストもそうでない方も必見です!

マガジン詳細をみてみる

 

実践!ゼロから学べる肩肘マガジン

本noteマガジンはCLINICIANSメンバーもみんな認めるベテランの肩肘治療のスペシャリスト(理学療法士)5名が肩肘の治療特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術として提供してくれます。普段エコーなどを使って見えないところを見ながら治療を展開している凄腕セラピストが噛み砕いてゼロから深いところまで教えてくれるので肩肘の治療が苦手なセラピストも必見のマガジンです!

マガジン詳細を見てみる

 

YouTube動画で“楽しく学ぶ”


実技、講義形式、音声形式などのセラピストの日々の臨床にダイレクトに役立つコンテンツが無料で学べるCLINICIANS公式Youtubeチャンネルです。EBMが重要視される中、それに遅れを取らず臨床家が飛躍的に加速していくためにはEBMの実践が不可欠。そんな問題を少しでも解決するためにこのチャンネルが作られました。将来的に大学や講習会のような講義が受けられるようになります。チャンネル登録でぜひご活用ください♪登録しておくと新規動画をアップした時の見逃しがなくなりますよ!

≫ YouTubeを見てみる

※登録しておくと新規動画をアップした時に通知が表示されます。

 

なお、一般の方向けのチャンネルも作りました!こちらでは専門家も勉強になる体のケアやパフォーマンスアップに関する動画を無料で公開していますので合わせてチャンネル登録を!

Youtubeを見てみる