整形外科

肩関節包と関節上腕靭帯の抑えておきたいポイントベスト5

こんにちは。
藤沢肩関節機能研究会 代表の郷間(@FujikataGoma)です。

画像1こちらの記事は肩肘マガジンで投稿している『肩関節包を解剖学的に理解する』のほんの一部分を切り取って、少しわかりやすく解説しております(^-^)

肩肘マガジンではさらに臨床に基づいたお話をしていますので

関節包の位置くらいはわかるけど実際にどんな機能があるのか知らない。
▪関節包の病態について詳しく知らない。
▪関節包に病態が生じた時に何をすればいいかわからない。

という方はぜひ肩肘マガジンをご一読ください✨

見出し画像

肩肘マガジン

 

今回の内容は

▪関節包の基礎を知らない
▪肩甲上腕靭帯の基礎を知らない

という疑問をお持ちの方々にオススメの記事です。

 

肩関節包や肩甲上腕靭帯は肩関節においても深部に位置する組織ですので、筋肉と比べても中々触りにくい&イメージもしにくいかと思います。

そして、拘縮患者さんのほとんどが関節包などの影響の関与しています。

今回はそんな”意外と重要だけどあまり注目されていない関節包や肩甲上腕靭帯”についてしっかり理解できる内容となっております。

本記事をきっかけに臨床に落とし込んでいただけると幸いです^^

それでは

まず肩関節包とはどういった組織なのかを確認していきましょう。

肩関節包(Joint capsule)とは

画像4

肩関節包とは肩甲上腕関節を上方、前方、下方、後方をぐるっと一枚の袋のように肩関節を覆っている組織です。

この関節包の内面には滑膜があり、骨と骨の運動を円滑にするための関節液が貯留されています1)。

ちなみに肩関節は球関節になりますので、関節窩と上腕骨頭間では転がり運動と滑り運動が複合的に行われています。

その際に関節内に潤滑剤(関節液)が無いと円滑には関節を動かすことができないため、関節包は貯留庫としての機能があることはイメージできるかと思います。

肩関節包の特徴

画像5

☑肩関節包の伸縮性
この袋のような構造の関節包には伸縮性があり、15%程度の伸縮を可能としています。

関節包における15%とはどのくらいでしょうか?

画像8

上腕骨頭の平均が4-5㎝2)なのでおよそ1㎝弱の伸縮があるという解釈でしょうか。 (雑な計算ですみません!笑)

☑腋窩陥凹
腋窩陥凹は関節包の”たるみ”のような構造です。
文字通り、腋窩にあります。

このたるみは挙上に伴い伸張し、下制で緩みます
これは挙上動作を遂行するためには必要なたるみと考えられています。

そして最後に関節包に包まれた関節内の空洞を関節腔というのですが、関節腔の容量はおよそ30ml、大さじスプーンで言うと2杯分の容量があると言われています。

余談ですが、この関節腔内の容積は反復性肩関節脱臼では大きくなり、凍結肩では小さくなえうと言われています。

個人的には半分納得ですね。

半分、というのは反復性肩関節脱臼により、Bankart LesionHAGL LesionCapsular tearが生じた場合は関節腔容積うんぬんのまえに関節包が破けている可能性がありますので、容積が大きくなるというイメージはなんとなく理解できるのですが、にわかに信じがたいなとも感じております。

このあたりはいつか深掘りして記事にまとめていきたいと思います(^-^)✨

では次に肩甲上腕靭帯についてお話していきたいと思います。

肩甲上腕靭帯とは?

関節上腕周囲の靭帯には
上関節上腕靭帯(superior gleno-humeral ligament:SGHL)
中関節上腕靭帯(middle gleno-humeral ligament:MGHL)
前下関節上腕靭帯(anterior inferior gleno-humeral ligament:AIGHL)
後下関節上腕靭帯(posterior inferior gleno-humeral ligament:PIGHL)
の4つがあり、肩甲上腕関節の静的安定化機構として関節安定に寄与します。

 

今回はこれら関節上腕靭帯の中でも組織学的な観点からその違いをみていきたいと思います。

まず、上方に位置する上関節上腕靭帯は烏口上腕靭帯と同様にⅠ型コラーゲン(密生結合線維ですね)がほとんど含まれておらず、弱い負荷に耐える疎性結合線維で構成されています。3)
そのため、SGHLは強い負荷には耐えられないが伸張性に富む組織であることがわかります。

反対にMGHLやIGHLは腱や靭帯にようにⅠ型コラーゲンが多く強い負荷にも耐えることが可能な組織です。

このように同じ関節上腕靭帯でも組織学的に異なる性質もあるので関節上腕靭帯のユニークなところだと私は思っています。

ということで
今回は肩関節包と関節上腕靭帯について、ちょっとマニアックな解剖と組織学的な内容をまとめてみました(^-^)

本日はこのあたりでおしまいにしたいと思います。
今後も皆様の明日の臨床に活かせる情報をお届けできればと思います✨
以上、藤沢肩関節機能研究会 郷間でした(^ ^)

まとめ

▪肩関節包は一枚の袋のように肩関節を覆っている
▪関節包内面はがあり、運動を円滑にするための関節液が貯留され、その容量はおよそ30mlである
▪関節包には伸縮性があり、15%程度の伸縮を有している。
▪SGHLは強い負荷には耐えられないが伸張性に富む
▪MGHLやIGHLは伸張性には乏しいが強い負荷にも耐えられる

 

参考文献および参考書籍

1)佐志隆士,井樋栄二,秋田恵一:肩関節のMRI読影ポイントのすべて.改訂第2版.P22-23.2012 .出典 株式会社メジカルビュー社
2) 松浦恒明:腱板断裂サイズの新しい分類に関する考察.肩関節;37巻第2号:661-664,2013.
3)山口久美子,他:関節上腕靭帯の組織学的検討.肩関節,33:253-256.2009.

実践!ゼロから学べる肩肘の臨床マガジン

今回執筆した『ガイドラインに基づく肩関節周囲炎治療のススメ』のような内容をより詳しく丁寧に解説した記事を提供しています。

肩肘関節治療に従事している理学療法士5名が肩肘の治療に特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術共有する『肩肘マガジン』は毎月5記事以上投稿しています。

興味のある方は是非ご一読ください(^-^)

肩肘マガジンを見てみる

肩関節関連記事

⇩藤沢肩関節機能研究会note第1弾⇩

⇩藤沢肩関節機能研究会note第2弾⇩

⇩藤沢肩関節機能研究会note第3弾⇩

見出し画像

 

藤沢肩関節機能研究会

藤沢肩関節機能研究会では、肩関節を中心にエコーを用いた動態評価から徒手療法を学ぶ研修会を毎月藤沢で開催しています。
ご興味のある先生方はお気軽にご連絡ください(^-^)

肩関節を中心にエコーを用いた動態評価と治療技術を磨く研修会
藤沢肩関節機能研究会LINE@officialaccount
藤沢肩関節機能研究会勉強会情報

学生から臨床経験5年前後にフォーカスをあてたハンズオン中心の肩関節セミナー
藤沢肩関節機能研究会フレッシュマンセミナーのLINE@officialaccount
藤肩藤肩研究会フレッシュマンセミナー情報

ABOUT ME
藤沢肩関節機能研究会 郷間
藤沢肩関節機能研究会 郷間
職業:理学療法士/整形外科勤務/パーソナルトレーニング/資格:運動器認定理学療法士(スポーツ領域)/活動:藤沢肩関節機能研究会代表/藤沢肩関節機能研究会では神奈川県藤沢市で毎月エコーを用いた肩肘関節の動態評価と臨床応用技術を磨く研修会を開催しています。 皆さんによりよい肩・肘関節の情報を発信していきます!
CLINICIANS公式コンテンツも要チェック!

 

充実の“note”で飛躍的に臨床技術をアップ

CLINICIANSの公式noteでは、ブログの何倍もさらに有用な情報を提供しています。“今すぐ臨床で活用できる知識と技術”はこちらでご覧ください!

≫ noteを見てみる

 

 

実践!ゼロから学べる腰痛治療マガジン

腰痛治療が苦手なセラピストは非常に多く、以前のTwitterアンケート(回答数約350名)では8割以上の方が困っている、35%はその場しのぎの治療を行っているということでしたが、本コンテンツはそんな問題を解決すべく、CLINICIANSの中でも腰痛治療が得意なセラピスト(理学療法士)4名が腰痛に特化した機能解剖・評価・治療・EBMなどを実践に生きる知識・技術を提供してくれる月額マガジンです。病院で遭遇する整形疾患は勿論、女性特有の腰痛からアスリートまで、様々な腰痛治療に対応できる内容!臨床を噛み砕いてゼロから教えてくれるちょーおすすめコンテンツであり、腰痛治療が苦手なセラピストもそうでない方も必見です!

マガジン詳細をみてみる

 

実践!ゼロから学べる足マガジン

本コンテンツでは、ベテランの足の専門セラピスト(理学療法士)6名が足に特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術を提供してくれる月額マガジンです。病院で遭遇する足の疾患は勿論、小児からアスリートまで幅広い足の臨床、エコー知見などから足を噛み砕いてゼロから教えてくれるちょーおすすめコンテンツであり、足が苦手なセラピストもそうでない方も必見です!

マガジン詳細をみてみる

 

実践!ゼロから学べる肩肘マガジン

本noteマガジンはCLINICIANSメンバーもみんな認めるベテランの肩肘治療のスペシャリスト(理学療法士)5名が肩肘の治療特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術として提供してくれます。普段エコーなどを使って見えないところを見ながら治療を展開している凄腕セラピストが噛み砕いてゼロから深いところまで教えてくれるので肩肘の治療が苦手なセラピストも必見のマガジンです!

マガジン詳細を見てみる

 

YouTube動画で“楽しく学ぶ”


実技、講義形式、音声形式などのセラピストの日々の臨床にダイレクトに役立つコンテンツが無料で学べるCLINICIANS公式Youtubeチャンネルです。EBMが重要視される中、それに遅れを取らず臨床家が飛躍的に加速していくためにはEBMの実践が不可欠。そんな問題を少しでも解決するためにこのチャンネルが作られました。将来的に大学や講習会のような講義が受けられるようになります。チャンネル登録でぜひご活用ください♪登録しておくと新規動画をアップした時の見逃しがなくなりますよ!

≫ YouTubeを見てみる

※登録しておくと新規動画をアップした時に通知が表示されます。

 

なお、一般の方向けのチャンネルも作りました!こちらでは専門家も勉強になる体のケアやパフォーマンスアップに関する動画を無料で公開していますので合わせてチャンネル登録を!

Youtubeを見てみる