ウィメンズヘルス

整骨院・整体が宣伝している産後の骨盤矯正という謎の治療

こんにちは、CLINICIANSの代表のたけ(@RihaClinicians です!

今回はちょっと刺々しい内容ですが、ちまたでよく見る整骨院・整体が宣伝している産後の骨盤矯正という謎の治療の批判です。

僕はこうやって人の批判をすることは滅多にないのですが、産前産後の女性の治療に専門家として携わっている者として、これはちょっと謎だと思うし受ける人の害にさえなることがあると思うのであえて触れてみたいと思います。

 

きっかけ

実は、今回こんな記事を投稿したのにはきっかけがありました。

それがこちらの近藤さんのツイート。

 

普段から積極的にウィメンズヘルスについて活動・発信されておられる理学療法士さんですね。

このツイートをみて、確かに骨盤矯正でこれだけの値段を取っているところって多いよねって思ったし、よくよく考えてみると詐欺のように高けーなこれ!って本気で思います。

 

なぜ産後の骨盤矯正が詐欺のように高いと思うのか?

これを聞いた時にまず勘違いしてほしくないのが、整体が5000-8000円(24回チケットで12万円)が高いと言っているのではないという事です。

これについては高くありません。

むしろ、それは普通だしこれでも少し安いぐらいに思います。

 

論点がずれるのでこれについては深く触れませんが、体の治療をきちんとしてくれるところであれば全然当たり前の金額で、僕も自分の体を本気でケアするときはこのぐらい当たり前に支払って知り合いのところにいきます。

 

なにが論点かというと、

“産後の骨盤矯正”

です。

 

近藤さんのツイートにもその理由が書いてありましたが、僕はこのようにシェアしました。

 

近藤さんのツイートが既に前にあるのでこの僕のツイートと合わせて改めて補足をつけて要点のみ掲載すると、以下がその理由です。

産後の整体に高額投資が必要ない理由

産後半年くらいで女性の体はホルモンバランスが整い自然に戻っていくから

ただし、その間は靭帯などの結合組織を緩めるホルモンが出ていたり、出産時に変化した姿勢や筋バランスの乱れが残存していて体に容易に負担がかかりやすい状況なので、負担をかけないように丁寧に生活していけば問題は起きにくい

産後の回復は個人差を考えて二年ぐらいを目途に問題が残っていれば整体で治してもらう価値はあり

 

という事ですね。わかりますか?

自然に戻っていくし、生活指導や簡単なセルフケアだけでも問題を起こさず回復していく方も多いです。

だから高額投資は必要ない!と言及しているのです。

 

また、ここで僕は2年を目途に・・と言っていますが、これは産後の女性のマイナートラブルとして多い、遅発性腰痛の有病率の報告を参考に具体的な数値を言っています。

どういうことかと言うと、

産後の遅発性腰痛の有病率は産後1年で67%(WW to.2013)、産後2年で21%(Ostgaard.1992)

と報告がありますので、産後2年経てば8割の方が腰痛がなくなるという事が考えられます。

腰痛は産後に最も残存しやすいマイナートラブルですが、これも2年様子をみれば自然になくなる方が多いので、その後も持続して残っているのであれば何か治らない問題があるかもしれないから専門家に見てもらった方が良いですよとことを言っているのですね。

僕もこれについては専門分野なので、細かいことを言えばもっとたくさんお話ししたいですが、論点がずれてきますので興味がある方はこちらのnoteに全てまとめているので見てみてください。

産前産後の女性の体の変化と運動療法の教科書の詳細を見てみる

 

産褥期の骨盤矯正はリスクが伴う

よく骨盤は動かないから骨盤矯正なんかできないという方もいますが、仙骨と腸骨の間の仙腸関節はわずかながら動くことが確認されています。

また、特に産後の女性の体は、出産のために骨盤が開くようにするリラキシンという結合組織を緩めるホルモンが出ていた後なので、仙腸関節・恥骨結合は容易に動きます。

これが逆に怖いんですね。

ただでさえ動きやすい状態の時にわざわざ動かしても痛みを誘発する可能性があり、一番バランスが取れる良い状態にあるものを動かすことでルーズ二ングを引き起こしてしまうのは非常にリスキーです。

日常生活で負担がかからないようにきちんと指導をしていれば自然に良いようになってくる可能性が高いので、骨盤矯正自体が得られるメリットよりもデメリットの方が大きいです。

僕はそのような観点から、産褥期・授乳期を過ぎてホルモンバランスが落ち着くまではここは徒手療法ではいじらないようにしています。

知らないと怖いですし無意味な治療にもなりかねません。

リラキシンホルモンは産後早期に急速に産前レベルの放出量に戻ることが報告されていますが、授乳により分泌が持続します。

 

体のケアは必要ないのか?

さて、ここまでは産後の骨盤矯正が必要ないと言いましたが、僕は決して体のケアが必要ないとは言っていません。

出産を迎えるに当たり変化した女性の体、出産を行うに当たりダメージを受けた体は、もちろんケアをしてあげた方が問題は起こりにくいし回復が円滑に行われます。

なので、骨盤矯正は行わないで良いにしても、日常生活指導をメインにおいて体のケアも併用した方が良いです。

 

もしかすると、前述の接骨院の骨盤の矯正ではなくこれをメインにやっているかもしれないのですが、キャッチーな言葉で知識のない一般の方をだますような集客の仕方をするような場所は僕はほんと嫌いですね。

そういう風に宣伝している時点でだますことに対して悪気を持っていない信頼できない接骨院か、産後の知識に乏しい治療院だと思うので要注意ですよ。

 

なお、どのようなケアが必要かは、以下に集約されると思いますので参考にしていみてください。産後の多くの女性のトラブルの回避はこれに集約され、自主的に色んなことを行う上でも簡単で続けやすい重要なものだと思います。

 

 

本日は以上で終わります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

今回は簡単な投稿でしたが、専門家の方は産後の運動療法についてはこちらのnoteに体の変化から治療・生活指導までかなり詳しく書いてあるのでぜひ読んでみてください。

産前産後の女性の体の変化と運動療法の教科書の詳細を見てみる

ABOUT ME
たけ
たけ
理学療法士&ピラティスインストラクターをメインに姿勢・パフォーマンス改善のプロとして活動中! 過去には世界で最も患者が多い病院、某大学病院で超急性期のリハビリテーションに貢献。その他にも認定脳卒中、呼吸療法認定士、ガンリハなどの資格を保有。 超急性期から障害予防までの多岐にわたる分野の記事を執筆中!
ヨガインストラクター&ピラティスの資格取得や体験も要チェック!

 

現在ヨガ人口は600万人から1000万にへ急増する増加の見込みと言われていますが、ヨガインストラクター資格を取得するならこちらがおすすめ!日本を代表するヨガ団体である全米ヨガアライアンス資格認定が3段階ステップアップ方式で取れます。女性の習い事1位。理学療法士でもインストラクター資格を持って個人で活動している人が増えてきています!

↓全米ヨガアライアンスの資格認定↓

 

また、ピラティスを知らないと言う方はぜひ一度ピラティスレッスンを受けてみてください。受ければ体が変わることが実感できます。スポーツ選手のパフォーマンスアップとしても非常にナイスです!
レッスンは高額なスタジオが多いですが、格安の有名どころではbasisがおすすめ!体験レッスンは安すぎて驚きますよ(о´∀`о)

↓basisピラティスレッスン↓

また、養成講座の体験まであります!インストラクター資格に興味がある方は実際に体験を受けてみるのもおすすめ。

 

最後に・・ピラティスの資格取得の最もおすすめは僕の所属するPHI Pilates!

ピラティスは様々な団体がありますが、PHIはその中でも画一した医療系ピラティスとして注目されておりイチオシです。

PHI Pilates