その他

筋力トレーニングを行う前に知っておきたい身体活動量に関する知識

こんにちは、こじろうです!

前回は「臨床で使える筋力トレーニングの基本的概要とエビデンス」について解説させて
いただきました。

しかし、入院患者さんに筋力トレーニングを行う場合は、前回の内容の負荷や回数だけトレーニングを行えば良いというわけではありません。今回は筋力トレーニングを行う前に知っておきたい基本的な考え方を伝えたいと思います。

普段の臨床の中で何となく筋トレの回数を設定している方など、読んで頂けると少し臨床
の参考になるかと思いますよ。

 

入院前のベースラインを作った状態でトレーニングをしないと非効率的

早速ですが、仮に、普段10000歩を歩いていた人が入院したとします。

入院後、活動量が低下し 1日3000歩しか歩かなくなったとします。

その状態で前回の内容にも示した「過負荷の原則」に従ってトレーニングをしたとしても、
十分なトレーニングの効果は得られません。

なぜかというと、、、そもそも「1 日の活動量」が入院前よりも低下しているからです。

 

もともと 1 日3000歩しか歩いていない人であれば、入院中も3000歩を歩いていれば、過負荷の原則に従ってトレーニングをすれば、効果が得られるでしょう。

しかし、もともと 10000 歩を歩いていた人が 3000 歩しか歩いていないとすれば、残り7000歩分の負荷量をどこかで補わないといけません。

 

つまり入院前のベースを作った上でトレーニングをするということが、トレーニン
グを行う上で大切な考え方になります。

ではどうすれば、7000歩分の活動量を補えるのでしょうか?

例えば、

1)歩く
2)エルゴメーターを漕ぐ
3)筋トレで不足分の活動量を行う。
4)車いすを足で漕ぐ

など、入院中でもできそうなことはたくさんあります。

 

また、参考程度にですが、歩行10000歩に相当する各運動の回数について報告したものが表 1 にあります。

 

これらを 1 つの参考にし、足りない歩数分をベッド上やベッドサイドにて上記のようなト
レーニングを行うことで廃用予防や、筋力強化に繋がるのではないでしょうか?

 

まずは、入院患者さんの病前の活動量を知るところからスタートすることが大切だと思います。

そこからどんな方法でも良いので活動量をアップさせ、入院前のベースを作った状態で、前回の内容の筋力強化の基本的概念に沿ってトレーニングをしていく事が筋力upのために必要なことであると思います。

以上、簡単ではありますが、本日は以上で終わります。

最後までご覧頂きありがとうございました!

“たけ”
“たけ”
なお、今回の必要運動負荷量の設定については以前の記事でも細かく触れていますのでこちらも合わせてご覧ください♪
脳卒中患者のリハ治療における筋力増強に値する負荷量は十分投与できているか?脳卒中患者のリハ治療中の筋力増強負荷は足りているでしょうか?本記事では、脳卒中患者の筋力増強の負荷量について研究論文を参考に具体的にこれを解説しています。十分投与できているか?答えはNoです。廃用を予防して効果的にリハビリテーションを勧めたいとお考えの方は必見です!...
筋力低下を予防するための運動量はどの程度必要か?論文からみた廃用性筋力低下を予防するための具体的な運動量筋力低下を予防する運動量について知りたいですか?本記事では、筋力低下を予防するための運動量はどの程度必要か?また、論文からみた廃用性筋力低下を予防するための具体的な運動量を丁寧に解説しています。適切な運動量を投与して効果的にリハビリテーションを勧めたいとお考えの方は必見です!...

 

参考文献

1) 体力科学 42(5)461-464,1993
2) PT ジャーナル 29(11)803-806,1995

ABOUT ME
たけ
たけ
理学療法士&ピラティスインストラクターをメインに姿勢・パフォーマンス改善のプロとして活動中! 過去には世界で最も患者が多い病院、某大学病院で超急性期のリハビリテーションに貢献。その他にも認定脳卒中、呼吸療法認定士、ガンリハなどの資格を保有。 現在PHIマスタートレーナーを目指しつつ、超急性期から障害予防までの多岐にわたる分野の記事を執筆中。 SNSフォローやメッセージお気軽に下さい♪Youtubeのチャンネル登録もお忘れなく!
CLINICIANS公式コンテンツも要チェック!

 

充実の“note”で飛躍的に臨床技術をアップ

CLINICIANSの公式noteでは、ブログの何倍もさらに有用な情報を提供しています。“今すぐ臨床で活用できる知識と技術”はこちらでご覧ください!

≫ noteを見てみる

 

 

実践!ゼロから学べる腰痛治療マガジン

腰痛治療が苦手なセラピストは非常に多く、以前のTwitterアンケート(回答数約350名)では8割以上の方が困っている、35%はその場しのぎの治療を行っているということでしたが、本コンテンツはそんな問題を解決すべく、CLINICIANSの中でも腰痛治療が得意なセラピスト(理学療法士)4名が腰痛に特化した機能解剖・評価・治療・EBMなどを実践に生きる知識・技術を提供してくれる月額マガジンです。病院で遭遇する整形疾患は勿論、女性特有の腰痛からアスリートまで、様々な腰痛治療に対応できる内容!臨床を噛み砕いてゼロから教えてくれるちょーおすすめコンテンツであり、腰痛治療が苦手なセラピストもそうでない方も必見です!

マガジン詳細をみてみる

 

実践!ゼロから学べる足マガジン

本コンテンツでは、ベテランの足の専門セラピスト(理学療法士)6名が足に特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術を提供してくれる月額マガジンです。病院で遭遇する足の疾患は勿論、小児からアスリートまで幅広い足の臨床、エコー知見などから足を噛み砕いてゼロから教えてくれるちょーおすすめコンテンツであり、足が苦手なセラピストもそうでない方も必見です!

マガジン詳細をみてみる

 

実践!ゼロから学べる肩肘マガジン

本noteマガジンはCLINICIANSメンバーもみんな認めるベテランの肩肘治療のスペシャリスト(理学療法士)5名が肩肘の治療特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術として提供してくれます。普段エコーなどを使って見えないところを見ながら治療を展開している凄腕セラピストが噛み砕いてゼロから深いところまで教えてくれるので肩肘の治療が苦手なセラピストも必見のマガジンです!

マガジン詳細を見てみる

 

YouTube動画で“楽しく学ぶ”


実技、講義形式、音声形式などのセラピストの日々の臨床にダイレクトに役立つコンテンツが無料で学べるCLINICIANS公式Youtubeチャンネルです。EBMが重要視される中、それに遅れを取らず臨床家が飛躍的に加速していくためにはEBMの実践が不可欠。そんな問題を少しでも解決するためにこのチャンネルが作られました。将来的に大学や講習会のような講義が受けられるようになります。チャンネル登録でぜひご活用ください♪登録しておくと新規動画をアップした時の見逃しがなくなりますよ!

≫ YouTubeを見てみる

※登録しておくと新規動画をアップした時に通知が表示されます。

 

なお、一般の方向けのチャンネルも作りました!こちらでは専門家も勉強になる体のケアやパフォーマンスアップに関する動画を無料で公開していますので合わせてチャンネル登録を!

Youtubeを見てみる