その他

糖尿病と理学療法②~ブドウ糖ってそもそもなに?~

こんにちは、糖尿病認定理学療法士のようぞうです!

前回、「糖尿病と理学療法①~糖尿病とは?疫学と三大合併症の概要~」で糖尿病について簡単に説明してみました。

もう一度復習しておくと、糖尿病とは

インスリンが十分に働かないために血液中にブドウ糖が増えてしまう病気

ということでしたね。

 

この糖尿病には4つの類型があると書きましたが、いずれの類型においてもキーワードとなるブドウ糖(血糖)” と インスリンのうち、今回はブドウ糖とは何か?に焦点を当ててお話しします。

 

ブドウ糖ってなに?

ブドウ糖が増えてしまうと、「高血糖」と言われ糖尿病へと移行していきます。

ところでこのブドウ糖とはいったいなんなのでしょうか?

病気を引き起こすものであるならばLDLコレステロールのような悪者を想定してしまいがちです。しかし、ブドウ糖は悪者ではなく、身体に必要なものです。

 

例えば「頭に糖分が回ってないから、ぼんやりしてる」なんて会話を聞いたりしたことがあるかも知れません。

また部活などで激しく動いたあと、疲れ切るのを通りこして気分が悪くなったりしたことがある人もいるかも知れません。

 

これらは糖分が不足してしまったために起きている現象なのです(必ずしもそうとは言いきれないケースもありますが…)。

 

このように糖分が不足した状態を低血糖と言います。

この低血糖というリスクは糖尿病と理学療法を話す上で非常に重要なリスクになりますが、長くなりますので今後の記事でしっかりと説明しますね。

ここではなにか言いたいかというと

“ブドウ糖は身体を動かすのに必要なエネルギーである

ということです。

そう、車で例えればガソリンのようなものなのです。

したがってガソリンがなければ車が走らないのと同じでブドウ糖がなければ人は生活できません。

 

ブドウ糖が多いとなぜいけないの?

上記のように考えると、ブドウ糖、すなわちエネルギーが多いことはとりたてて悪いことではないように感じるかも知れません。

ただしそれはあくまでも適正量に保たれていれば…の話になります。

 

ブドウ糖を運ぶ器官は当然ながら血液の流れる血管です。

この血管に高い濃度のブドウ糖が流れて続けてしまうと、血管がもろくボロボロになってしまうのです。

 

糖尿病は初期の頃は痛みもなければ、しびれも起こりません。

このため、健康診断などで指摘されてもほったらかしてしまいがちです。

 

しかし、知らず知らずのうちに身体内の血管を破壊し、やがては慢性合併症を引き起こします。

悪くすれば大血管障害といわれる、壊死、脳血管障害、心筋虚血などに繋がってしまいます。

脳血管障害を発症された患者さんに合併症として糖尿病があるのはこういった理由です。ボロボロになった血管が破れたり詰まったりしてしまうのです。

 

したがって糖尿病と言われてもピンと来ていない患者さんにこの病気を説明する際には、

糖尿病≒”全身の血管病”

という風に説明すると、少しは切実になって聞いてもらえるかもしれません。

 

また患者さんに対して、療養指導を行う上でネガティブな方向から(すなわち脅すように)、やる気を出していただくことはあまり良くない方法なのですが、情報提供の一つとしてこういった資料を提示することも大事かもしれません。

厚生労働省 生活習慣病対策室「糖尿病を放置した働き盛りの今」

 

この冊子の内容はかなりシビアな内容です。

しかし、誰にでも起こりうることなので少しでも患者さん(特に若い方)には目を通してほしい内容です。

 

まとめ

今回は以上で終わります。

内容をまとめると以下の通りです。

▶︎ブドウ糖は人間にとって欠かせないエネルギーである。

▶︎高血糖状態が続くと身体内の血管がもろく、ぼろぼろになってしまう。

▶︎糖尿病≒全身の血管病であり、合併症をひきおこす。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

今回は良く知っているようで知らないブドウ糖を中心にお話しさせていただきました。

患者さんから「血糖が高くてどうしていけないの?痛くもかゆくもないし」という言葉が出てくるようであれば、ぜひ上記のお話を親身になって話してあげて下さい。

そうするとこの人はリハビリだけでなく、全体を診てくれてるんだな、と思って下さるようになり、信頼してもらえるようになります。

もちろんそれに応えるための知識・技術も必要ですが・・・今後の記事で少しずつ理解していただければ幸いです。

“たけ”
“たけ”
ようぞうさん、今回もわかりやすい記事をありがとうございました!

記事で提示される情報量も程よく、普段糖尿病に興味がない方も読みやすい分量で良かったですが、糖尿病の一番大事なところから解説してくれているので最高ですね。ありがとうございます!

糖尿病って、ほんとみんな知っているようできちんと知らない病気なんだけど、誰でもなる可能性があって適切な指導が将来を大きく左右する病気だと思うので、少しでも多くの方にこういった知識もお届けしたいですね。今後の情報も楽しみにしてまーす♪

なお、今回は糖尿病ということでお話をされておられましたが、この記事を見られた方は血糖値のコントロールは減量や体調管理にも非常に重要な知識であるということも頭に入れて読んでいただくと色んな場面で役立つ知識だと思いますのでご参考までに。

 

糖尿病と理学療法①~糖尿病とは?疫学と三大合併症の概要~ こんにちは、理学療法士のようぞうです。 今回から少しづつ糖尿病と理学療法士との関わりについてお話していきます。 みな...
ABOUT ME
たけ
たけ
理学療法士&ピラティスインストラクターをメインに姿勢・パフォーマンス改善のプロとして活動中! 過去には世界で最も患者が多い病院、某大学病院で超急性期のリハビリテーションに貢献。その他にも認定脳卒中、呼吸療法認定士、ガンリハなどの資格を保有。 超急性期から障害予防までの多岐にわたる分野の記事を執筆中!
CLINICIANS公式コンテンツも要チェック!

 

充実の“note”で飛躍的に臨床技術をアップ

CLINICIANSの公式noteでは、ブログの何倍もさらに有用な情報を提供しています。“今すぐ臨床で活用できる知識と技術”はこちらでご覧ください!

≫ noteを見てみる

 

YouTube動画で“楽しく学ぶ”

実技、講義形式、音声形式などのコンテンツが無料で学べる動画チャンネルとなっており、登録される臨床家の方が続々増えています。ぜひこちらのボタンからチャンネル登録を宜しくお願い致します♪

≫ YouTubeを見てみる

※登録しておくと新規動画をアップした時に通知が表示されます。

 

なお、一般の方向けのチャンネルも作りました!こちらでは専門家も勉強になる体のケアやパフォーマンスアップに関する動画を無料で公開していますので合わせてチャンネル登録を!

Youtubeを見てみる

 

 

公式LINEで“情報入手&メンバーに直接質問”!

公式LINEでは誰よりも早くお得な新着情報が受取れたり、各CLINICIANSメンバーに直接質問ができます♪臨床に役立つ知識・技術がグングン伸びること間違いなし。

≫ ここをタップで友だち登録