整形外科

整形外科疾患の理学療法におけるバーチャルリアリティ応用のトレンド(下肢編①)

こんにちは、たかぽん(@Takapon_PT_PhD)です。

最近はテクノロジーの理学療法応用を個人的な興味の対象として、

調べ物をすることが多いです。

 

今回から4記事に分割して、

私が主に臨床・研究のターゲットとしている整形外科疾患において、

近年注目されているテクノロジーの1つである、

バーチャルリアリティ(Virtual reality、以下VR)のトレンドについて、

ご紹介していきたいと思います。

 

VRという言葉、最近はよく聞くようになってきたかと思います。

 

 

似た用語であるAR(Augmented Reality=拡張現実)との違いも、

この際復習しておくといいかもしれませんね。

 

こちらの動画が具体例も挙げられ、理解しやすいかと思います。

       (ディスカバリーチャンネル「今さら聞けないARとVRの違い | Dbox」)

 

本記事では、膝関節疾患に対する臨床応用例を、

その後は順次、各関節の整形外科疾患に対する臨床応用例を、

いくつか学術的な報告があるものを中心にピックアップしてお伝えしたいと思います。

 

変形性膝関節症に対するVRを用いた理学療法

オランダのある研究グループでは、変形性膝関節症患者に対する臨床応用を目指し、

ウェアラブルな視覚フィードバックシステムを用いた歩行トレーニングの方法が

開発されています。1)

 

イメージとしてはこんな様子です。

       (Cleveland Clinic “CAREN Virtual Reality Treadmill: Take a Video Tour”)

 

中国の別の研究グループではそれよりも以前に、シンプルなVR装置を用いた

変形性膝関節症患者に対するVR利用の可能性を報告しています。2)

 

これらのデバイスを活用した介入を行うことで、下肢のバイオメカニクス指標、

膝関節機能(ROM、疼痛、筋力等)、歩行能力の改善が期待されています。

 

人工膝関節全置換術後におけるVRを用いた理学療法

一方、人工膝関節全置換術を施行された患者に対するVRを用いた理学療法の報告は

多々報告されています。

 

2016年の韓国からの報告では、VRを用いることで運動を積極的に行うように

モチベーションを向上が図れたとの前向きな報告3)が、

 

2018年の中国から出たRCT(ランダム化比較試験)では、

術後早期から臥位のままでも(ボートを漕ぐようなVR介入を行うものを)積極的に

活用することで、

従来型のリハビリテーションよりも術後疼痛の軽減ならびに機能回復が良好であったとの

報告4)があります。

RCTとしても質も決して低くない結果・内容でした。

とても興味深いですね。

 

また2019年の米国からの報告5)では、telerehabilitation(テレリハビリテーション、

遠隔でのリモートによるリハビリ指導など)であっても、

VRを用いた介入を行うことで痛みや機能スコアをしっかりと計測していったところ、

決して悪くない結果であったことが述べられております。

 

昨今の情勢を踏まえると、遠隔診療に続き、遠隔リハビリテーションというのも

いよいよ我が国でも現実味を帯びてくるのかもしれません。

 

もちろん

転倒リスクがほぼない方である

あるいは

遠隔リハを行うための環境設定およびデバイスの使用が可能である方

が前提となるため、

 

このあたりが難しいご高齢の方にすぐさま浸透するのは課題も多いかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。海外の報告をいろいろつまみ読みしていますと、

医療のトレンドや未来が垣間見えてくるので、とても楽しいです。

 

もちろん文化的、あるいは法律面での課題等があるため

すぐさま海外のリハビリテーションが本邦に導入されてくるというものではありません。

 

しかし、人生100年時代においては、おそらく今回ご紹介した例に代表されるような、

さまざまな近年のテクノロジーを活用したリハビリテーションというのは、

我々が人生の後半において活用していかざるを得ない可能性も大いにあります。

 

またそうでなくとも、我々が医療・リハビリテーションをいざ受けるようになる

年代の頃には、すっかりと普及してきているという可能性もあります。

 

完全な予測というのは不可能だと思いますが、

ある程度でいいので、未来のシナリオが想定できると、安心感が得られます。

 

本シリーズで、ぜひ未来の理学療法・リハビリテーションに

思いを馳せて頂けたらと思います。

 

参考文献

  1. A Karatsidis et al., Validation of Wearable Visual Feedback for Retraining Foot Progression Angle Using Inertial Sensors and an Augmented Reality Headset. J Neuroeng Rehabil . 2018 Aug 15;15(1):78.
  2. DH Lin et al., Comparison of Proprioceptive Functions Between Computerized Proprioception Facilitation Exercise and Closed Kinetic Chain Exercise in Patients With Knee Osteoarthritis. Clin Rheumatol . 2007 Apr;26(4):520-8.
  3. M Lee at al., Patient Perspectives on Virtual Reality-Based Rehabilitation After Knee Surgery: Importance of Level of Difficulty. J Rehabil Res Dev . 2016;53(2):239-52.
  4. Jin C et al., Virtual reality intervention in postoperative rehabilitation after total knee arthroplasty: a prospective and randomized controlled clinical trial. International Journal of Clinical and Experimental Medicine 2018 Jun;11(6):6119-6124.
  5. M Chughtai et al., Rehabilitation in Total and Unicompartmental Knee Arthroplasty. J Knee Surg . 2019 Jan;32(1):105-110.
ABOUT ME
たかぽん
たかぽん
医学博士 / 理学療法士 / ポートフォリオリサーチャー / エビデンスキュレーター 整形外科×理学療法に関連したエビデンスを、私見も交えつつシェアしていきたいと思います。 勢いのある若手〜学術活動にも勤しむ中堅のセラピスト(主にPT)向けのコンテンツを配信していきます。
CLINICIANS公式コンテンツも要チェック!

 

充実の“note”で飛躍的に臨床技術をアップ

CLINICIANSの公式noteでは、ブログの何倍もさらに有用な情報を提供しています。“今すぐ臨床で活用できる知識と技術”はこちらでご覧ください!

≫ noteを見てみる

 

 

実践!ゼロから学べる腰痛治療マガジン

腰痛治療が苦手なセラピストは非常に多く、以前のTwitterアンケート(回答数約350名)では8割以上の方が困っている、35%はその場しのぎの治療を行っているということでしたが、本コンテンツはそんな問題を解決すべく、CLINICIANSの中でも腰痛治療が得意なセラピスト(理学療法士)4名が腰痛に特化した機能解剖・評価・治療・EBMなどを実践に生きる知識・技術を提供してくれる月額マガジンです。病院で遭遇する整形疾患は勿論、女性特有の腰痛からアスリートまで、様々な腰痛治療に対応できる内容!臨床を噛み砕いてゼロから教えてくれるちょーおすすめコンテンツであり、腰痛治療が苦手なセラピストもそうでない方も必見です!

マガジン詳細をみてみる

 

実践!ゼロから学べる足マガジン

本コンテンツでは、ベテランの足の専門セラピスト(理学療法士)6名が足に特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術を提供してくれる月額マガジンです。病院で遭遇する足の疾患は勿論、小児からアスリートまで幅広い足の臨床、エコー知見などから足を噛み砕いてゼロから教えてくれるちょーおすすめコンテンツであり、足が苦手なセラピストもそうでない方も必見です!

マガジン詳細をみてみる

 

実践!ゼロから学べる肩肘マガジン

本noteマガジンはCLINICIANSメンバーもみんな認めるベテランの肩肘治療のスペシャリスト(理学療法士)5名が肩肘の治療特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術として提供してくれます。普段エコーなどを使って見えないところを見ながら治療を展開している凄腕セラピストが噛み砕いてゼロから深いところまで教えてくれるので肩肘の治療が苦手なセラピストも必見のマガジンです!

マガジン詳細を見てみる

 

YouTube動画で“楽しく学ぶ”


実技、講義形式、音声形式などのセラピストの日々の臨床にダイレクトに役立つコンテンツが無料で学べるCLINICIANS公式Youtubeチャンネルです。EBMが重要視される中、それに遅れを取らず臨床家が飛躍的に加速していくためにはEBMの実践が不可欠。そんな問題を少しでも解決するためにこのチャンネルが作られました。将来的に大学や講習会のような講義が受けられるようになります。チャンネル登録でぜひご活用ください♪登録しておくと新規動画をアップした時の見逃しがなくなりますよ!

≫ YouTubeを見てみる

※登録しておくと新規動画をアップした時に通知が表示されます。

 

なお、一般の方向けのチャンネルも作りました!こちらでは専門家も勉強になる体のケアやパフォーマンスアップに関する動画を無料で公開していますので合わせてチャンネル登録を!

Youtubeを見てみる