脳・神経

日本脳卒中外科研究会のCT分類(被殻出血・視床出血) 

こんにちは、CLINICIANSの代表のたけ(@RihaClinicians です!

今回は日本脳卒中の外科研究会のCT分類(被殻・視床出血)について詳しく解説します。

 

脳出血による脳損傷(部位、出血量、脳室穿破、mass effectやmid line sift)の程度は、治療方法や予後を決定する有用な情報になります。

被殻・視出血では、血腫の進展部位や脳室穿破有無を用いて脳損傷の程度を示すものとして「日本脳卒中の外科研究会のCT分類」があるので、以下に分類方法をご紹介します。

 

日本脳卒中の外科研究会のCT分類

血腫の進展方向により分類が行われ、数値が高いほど重症となります。

被殻出血ではⅠ~Ⅴ視床出血ではⅠ~Ⅲに分類されており、いずれも脳室穿破の有無で「無=a」「有=b」とさらに細かく分類されます。

被殻出血Ⅰ~Ⅴの定義は以下の通りです。

<被殼出血の分類定義>

内包外側に限局したものをⅠ

内包前脚に進展したものをⅡ

内包後脚に進展したものをⅢ

内包前脚と後脚の両方に進展がⅣ

視床または視床下部まで進展したものがⅤ

 

 

視床出血Ⅰ~Ⅲの定義は以下の通りです。

<視床出血の分類定義>

視床に限局しているものをⅠ

内包に進展したものをⅡ

視床下部または中脳に進展したものがⅢ

 

まとめるとこのようは表になります。

脳画像を提示できない場合などでも、このような分類を用いて損傷程度を表現することで他者に正確な情報を伝達できます

 

CT分類と予後

この分類は、損傷の程度を表現できるだけではなく、CT分類と治療方法(保存的or外科的)によって大まかなADL予後の割合もわかります。

以下の図の赤線では、ADL自立と介助の境界ラインを示しました。

 

被殼出血のⅠ(内包外側に限局した病変)では、家庭内自立となる確立が保存的加療で80%、外科的加療で50%になるということがわかり、保存療法で予後が良いことがわかります(※ここでは出血量は考慮していない点に注意!)。

保存療法の場合でもⅢa以上の皮質脊髄路が通る内包後脚部を含む損傷になると顕著に予後不良となっています。

これでわかる脳画像!皮質脊髄路(錐体路)の走行と脳画像のみかた皮質脊髄路(錐体路)の走行と脳画像のみかたについて知りたいですか?本記事では、難しい脳画像のみかたを図解付きで解説し、皮質脊髄路の走行と各スライスにおける配列をわかりやすく脳画像でまとめました。皮質脊髄路の脳画像のみかたをマスターしたい方は必見です!...

 

 

ただし、視床出血の外科的治療に関しては症例数が少なく有用な情報かどうかは微妙なところです(※視床出血は、視床が脳深部に位置しており、外科的手術が困難であることから症例数が少ないものと思われます)。

予後を予測する際には、上記のように画像所見に関する変数を投入した方がより予測精度が高くなるといわれています。

 

 

本日は以上で終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

CT分類を普段から使う事で「視床出血」「被殼出血」だけ言うよりも他者により詳しい情報を伝達することができます。また、この分類データを取って解析対象に含めれば研究の一助にもなり得るかもしれません。

簡単なのでぜひ使ってみてくださいね!

 

なお、出血量の計算や予後予測に関しては以下で詳細にご説明していますのでこちらをご参照ください。

脳出血の画像診断:CTで簡単に出血量を算出する方法脳出血の出血量を算出する方法を知りたいですか?本記事では、脳出血の画像診断としてCTを用いて簡単に出血量を算出する方法をご紹介しています。脳画像の見方、出血量の評価をマスターしたい方は必見です!...
これでわかる脳画像!皮質脊髄路(錐体路)の走行と脳画像のみかた皮質脊髄路(錐体路)の走行と脳画像のみかたについて知りたいですか?本記事では、難しい脳画像のみかたを図解付きで解説し、皮質脊髄路の走行と各スライスにおける配列をわかりやすく脳画像でまとめました。皮質脊髄路の脳画像のみかたをマスターしたい方は必見です!...
二木の脳卒中リハビリテーション患者の早期自立度予測の重要点と使い方を徹底解説!脳卒中の予後予測について知りたいですか?本記事では、1000名以上の脳卒中患者を治療したセラピストが二木の脳卒中リハビリテーション患者の早期自立度予測の重要点と使い方を徹底解説しています!適切な脳卒中の予後予測をマスターしたい方は必見です!...
脳卒中の目標設定はこれでできる!運動麻痺の改善とプラトーまでの期間脳卒中の予後予測について知りたいですか?本記事では、1000名以上の脳卒中患者を治療したセラピストが有用な研究論文を元に運動麻痺の改善とプラトーまでの期間を予測・設定する方法を徹底解説しています!適切な脳卒中の予後予測をマスターしたい方は必見です!...
脳卒中片麻痺患者の運動麻痺の最終到達レベルを簡単に予測できる方法脳卒中片麻痺患者の予後予測について知りたいですか?本記事では、1000名以上の脳卒中患者を治療したセラピストが教える“発症早期に運動麻痺の最終到達レベルを簡単に予測できる方法”について解説しています。脳卒中の予後予測をマスターしたい方は必見です!...
急性期にベッド上から立位までの基本的動作能力を客観的に評価できるABMSⅡ:予後予測にも応用できる(カットオフ掲載)基本的動作を評価するABMSⅡについて知りたいですか?本記事では、急性期にベッド上から立位までの基本的動作能力を客観的に評価できるABMSⅡの評価方法についてご紹介し、予後予測にも応用できる方法をカットオフ値とともに掲載しています。基本的動作を適切に評価して治療に応用したいには方は必見です!...

 

参考資料

1)金谷春之,湯川英機,他:高血圧性脳出血における新しいneurological gradingおよびCTによる血腫分類とその予後について.高血圧性脳出血の外科Ⅲ,第7回脳卒中の外科研究会,265-270,にゅーろん社,東京,1978
2)後藤文男,福内靖男:脳血管障害の治療と予後に関する多施設共同研究第2報  視床出血.脳卒中.1992; 14:72-78.

 

脳画像を見るためのおすすめ書籍

病気がみえる 〈vol.7〉 脳・神経

初心者~中級者向け。脳神経の解剖、疾患の病態・生理や医学的管理や内服治療など、広く浅く掲載されています。しかし、浅いといっても内容は十分。脳神経疾患に携わる看護師や療法士は必ず持っている、もしくは見た事があるというぐらい有名で万能な著書

脳卒中ビジュアルテキスト

初心者向け。フルカラーで図が多く、内容も読み易い。広く浅くといった感じではあるが、必要最低限のことが掲載されていると思います。個人的には、最初に掲載されているスライス毎の構造物と脳血管の支配領域の図があったことが素敵だと思います。

初心者~中級者向け。名前の通り高次脳機能障害のことに関して書かれています。高次脳機能障害というと分かりにくい本が多い印象かと思いますが、これはスラスラ読めますね。脳画像のスライスに関する項があり、責任病巣に関してもちゃんと書いてあります。また、高次脳機能障害の評価法や対応も書かれているので参考になりますよ。

 

脳の機能解剖と画像診断

上級者向け。本当に画像オンリーのことが書いてあるといっても良いのではないでしょうか。実際のCT、MRIと対応させて脳の構造物が細かく掲載されています。水平面だけではなく、前額面、矢状面の画像もちゃん細かく掲載されています。血管の支配領域も脳幹部まで細かく掲載されていたりと、とにかく細かいところまで手が届く感じで僕は結構好きです。これが逆に分かりにくい人もいると思いますが・・

 

CT・MRI画像解剖ポケットアトラス(1)第4版 頭部・頚部

初心者~上級者向け。脳画像のみかたの本というよりは、脳画像のカンペですね。臨床で脳画像をみていて、これってなんだったけ?と思うときにかなり重宝します。今回紹介する本は、全てA4サイズ以上ですが、これはポケットに入っていつでも見られる本です。

 

脳画像からみた脳梗塞と神経心理学

中級者~上級者向け。脳梗塞に限定されて掲載されており、内容は全体的にみて濃い。上記で紹介した高次脳機能障害学と似ているところはあるが、こちらの方が医者目線が強くマニアックな印象。頻回に症例の実際の画像がでてくるので症例報告などが好きな人はこちらの方が読み易いかもしれません。

 

 

 

 

本日は以上で終わりです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
たけ
たけ
理学療法士&ピラティスインストラクターをメインに姿勢・パフォーマンス改善のプロとして活動中! 過去には世界で最も患者が多い病院、某大学病院で超急性期のリハビリテーションに貢献。その他にも認定脳卒中、呼吸療法認定士、ガンリハなどの資格を保有。 超急性期から障害予防までの多岐にわたる分野の記事を執筆中!
CLINICIANS公式コンテンツも要チェック!

 

充実の“note”で飛躍的に臨床技術をアップ

CLINICIANSの公式noteでは、ブログの何倍もさらに有用な情報を提供しています。“今すぐ臨床で活用できる知識と技術”はこちらでご覧ください!

≫ noteを見てみる

 

YouTube動画で“楽しく学ぶ”

実技、講義形式、音声形式などのコンテンツが無料で学べる動画チャンネルとなっており、登録される臨床家の方が続々増えています。ぜひこちらのボタンからチャンネル登録を宜しくお願い致します♪

≫ YouTubeを見てみる

※登録しておくと新規動画をアップした時に通知が表示されます。

 

なお、一般の方向けのチャンネルも作りました!こちらでは専門家も勉強になる体のケアやパフォーマンスアップに関する動画を無料で公開していますので合わせてチャンネル登録を!

Youtubeを見てみる

 

 

公式LINEで“情報入手&メンバーに直接質問”!

公式LINEでは誰よりも早くお得な新着情報が受取れたり、各CLINICIANSメンバーに直接質問ができます♪臨床に役立つ知識・技術がグングン伸びること間違いなし。

≫ ここをタップで友だち登録